投資型クラファン

【2020年版】ソーシャルレンディングを事業者リスクで「冷静に」比較!!

ソーシャルレンディングは無法地帯でした。

その惨状は「【失敗】ソーシャルレンディング投資からの撤退を決意。今投資するのは危険!!」で書いたとおりです。

危険を示す看板
【失敗】ソーシャルレンディング投資からの撤退を決意。今投資するのは危険!!いや~、酷い、酷すぎる…。 あ、こんにちは、ハードロックマンです。 ソーシャルレンディングの現状が酷すぎて、もう呆れます…。...

現在も無法地帯は続いているかもしれません。

そんな中で投資したいと考えている迷える子羊ちゃんに、事業者選びの大切さを伝えたいと思います。

ソーシャルレンディング事業者比較

利回り?運用期間?担保?保証?

そんなことは二の次、ファンドの内容より事業者を選びましょう!

その会社にお金を預けて大丈夫?

ソーシャルレンディングで投資した資金はソーシャルレンディング事業者に預けられ、借り手に融資されます。

投資家と借り手の間に入る事業者が不正を行ったら?

みんなのクレジット、ラッキーバンク、トラストレンディング、グリーンインフラレンディング、ガイアファンディング。

これらの不正を行ったソーシャルレンディング事業者に預けていたお金は大きく毀損したり、返済の見通しが立たずに返ってこなかったりという状況です。

上記の5社はすべて非上場企業です。

賄賂をもらっているブロガーを盲信するの?

アフィリエイトってご存じですか?

ブログに貼られたリンクから口座開設などをすると、そのブログの運営者にお金が入る仕組みです。

「お金あげるからブログで紹介してよ~」って感じです。

ブロガーはお金をもらえるのでアフィリエイトがある案件を紹介します。

そして、より単価の高い案件を積極的に紹介します。

さて、アフィリエイトは成功報酬型広告と言われ、口座開設などの成果が発生しなければブロガーはお金をもらえません。

自分のブログから口座開設などをしてもらうにはブロガーはどうするか?

そう、その商品について良いことを並べるのです。

「このソーシャルレンディング事業者はこんなにすばらしいよ~」って。

不正を行ったみんなのクレジット、ラッキーバンク、トラストレンディングもしっかりアフィリエイトをやっていました

アフィリエイトが悪ではありませんが、こんな背景があってブロガーは記事を書いているんだということを心に留めておいてください。

ソーシャルレンディング事業者一覧表

名称株式上場アフィリエイト
willcrowd非上場なし
SBIソーシャルレンディング東証1部1,500円
OwnersBook東証マザーズ4,000円
CAMPFIRE Owners非上場3,400円
COOL東証マザーズ6,000円
クラウドクレジット非上場7,000円
クラウドバンク非上場3,000円
CrowdRealty非上場20,000円
SAMURAI FUND東証JASDAQグロース6,000円
CRE Funding非上場1,900円
J.LENDING東証JASDAQスタンダードなし
Nextshift Fund非上場なし
Funds非上場8,000円
Pocket Funding非上場5,000円
LENDEX非上場6,000円

※ハードロックマン調べ。(maneo及びmaneoファミリーは除外。)

上場しているのは5社!!ここから選びたい

ソーシャルレンディング事業者は15社ありますが、そのうち上場している、または上場企業の子会社なのは下記の5社です。

これら5社にプラスして、上場企業がファンドを組成し、借り手になっているFundsの6つから選ぶことをおすすめします。

上場企業だから100%安心という訳ではありません。

上場企業でも不正はしますし、倒産します。

それでも、少しでも事業者の不正や倒産のリスクを低くするために、上場企業かどうかはこだわって投資すべきだと考えます。

その中で、利回りや運用期間、担保などを考慮してファンドを選びましょう!

【2020年版】不動産投資型クラウドファンディングを「冷静に」比較!!無法地帯だったソーシャルレンディング。 不動産投資型クラウドファンディングではまだ事件は発生していませんが、やはり事業者選びは重要です...

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください