ソーシャルレンディング

ハロー! RENOVATION(ハロリノ)がクラウドファンディングサービスを開始!

ハロー!RENOVATIONのトップページ

こんにちは、ハードロックマン@hardrockman_i)です。

ハロー!RENOVATIONがクラウドファンディングサービスを開始しました。

ハロー!RENOVATION公式サイト

ハロー!RENOVATIONは、空き家・遊休不動産(モノ)と利活用したい人(ヒト)をつなぎ、みんなが想いのあるお金(カネ)を中心にサポートする、まちづくり参加型クラウドファンディングサービスです。(公式サイトより)

ハロー!RENOVATIONの特徴

ハロー!RENOVATIONには、今までの他のクラウドファンディングサービスにはない特徴があります。

3者マッチング

ハロー!RENOVATIONは、「物件オーナー」、「プロジェクトリーダー」、「投資家」の3者をマッチングするプラットフォームです。

物件オーナーは空き家を所有している人、プロジェクトリーダーは空き家を活用して事業を始めたい人です。

物件オーナーは、ハロー!RENOVATIONに物件を掲載することでアイデアが集まり、空き家の利活用をすることができます。

空き家を活用して事業をしたいプロジェクトリーダーは、掲載されている物件から最適な物件を選んで事業を開始することができます。

そして、その資金はクラウドファンディングによって、賛同する投資家から集めることができます。

3者がwin-win-winの関係ですね。

「参加型」クラウドファンディング

ハロー!RENOVATIONでは、物件オーナー、プロジェクトリーダー、投資家以外でも事業に「参加」することができます。

各物件のページにはコメント欄があり、誰でも物件の活用についてアイデアを投稿したり、意見交換したりすることができます。

自分のアイデアが採用されたら、嬉しくてたまらないですね。

さらに、空き家再生のDIYイベントに参加することも可能です。

実際にDIYで自分が手を加えることができたら、物件に愛着がわきますね。

投資・支援方法の選択肢

プロジェクトによって、「投資型」「購入型」「寄付型」の3つの方法があります。

投資型は、リターンを金銭によって受け取るものです。

出資して分配金を得る点はソーシャルレンディングと同じですね。

ただ、ソーシャルレンディングではなく小規模不動産特定共同事業という仕組みを利用しています。

1口5万円で、100万円まで出資できます。

購入型は、金銭以外の物品やサービスをリターンとして受け取ります。

リターンの内容は様々で、支援する金額によってリターンは異なります。

寄付型は、その名のとおり寄付なのでリターンはありません。

募集中のプロジェクト

この記事を書いている時点では、投資型と購入型のプロジェクトが1つずつ募集されています。

どのような内容なのか見てみましょう。

投資型

まずは投資型のプロジェクトです。

神奈川県逗子市桜山の廃工場をリノベーションした「桜山シェアアトリエ」になります。


 ※ハロー!RENOVATION公式サイトより

特徴は、施設の優先買取が可能なことですね。

投資して気に入ったら、優先して物件を購入することができます。

また、ただ投資してリターンを得るだけではなく、投資を通して他の投資家や空き家再生・まちづくりコミュニティとのつながりがもてることもおもしろいです。

投資家として気になるのは、やはりリターンですよね。

このプロジェクトは期間が5年と長いです。

また、利回り8%は最大利回りで、稼働状況により分配額が変わります。


 ※ハロー!RENOVATION公式サイトより

7月21日時点の稼働率は100%です。

このままいけば、約8%の利回りが期待できます。

購入型

次に購入型のプロジェクトです。

神奈川県葉山町にある「古い蔵」を、1日1組限定の宿泊施設「The Bath & Bed Hayama」にリノベーションして、運営事業を行うプロジェクトです。


 ※ハロー!RENOVATION公式サイトより

このプロジェクトでは、当施設の利用だけではなく、マッサージやものづくりワークショップなど、「体験型」のリターンを得ることができます。

 ※ハロー!RENOVATION公式サイトより

この購入型でも投資型と同じく、投資家、空き家再生・まちづくりコミュニティとのつながりをもつことができます。

ハロー!RENOVATIONで出資することの最大のメリットは、空き家再生やまちづくりに興味がある他者とつながりがもてることかもしれませんね。

運営は株式会社エンジョイワークス

ハロー!RENOVATIONを運営するのは、神奈川県鎌倉市に本社を置く、株式会社エンジョイワークスです。

2007年11月設立、代表の福田氏は外資系金融機関出身とのこと。

設立当初は不動産仲介から始まり、現在では建築、空き家再生などの取組も行っています。

2017年2月に、空き家再生・遊休不動産プラットフォーム「ハロー!RENOVATION」のサービスを開始。

2018年5月に、全国初の不動産特定共同事業法に基づく小規模不動産特定共同事業者登録を完了して、2018年6月からクラウドファンディングサービスを開始しています。

ちなみに、小規模不動産特定共同事業者登録の全国2番目は、「Renosyクラウドファンディングがサービス開始!特徴は?」で紹介した、Renosyクラウドファンディングを運営するGA technologiesです。

Renosyクラウドファンディングのトップページ
Renosyクラウドファンディングがサービス開始!特徴は?こんにちは、ハードロックマン(@hardrockman_i)です。 7月25日に東証マザーズに上場したGA technologie...

ハロー!RENOVATIONのまとめ

ハロー!RENOVATIONのキーワードは、「ジブンゴト」と「共創」です。

空き家問題やまちづくりを他人事とせず自分事として捉え、そこに参加することによって共に創っていく。

そんな想いがあふれるおもしろいサービスです。

今後が楽しみですね(^^)

ハロー!RENOVATION公式サイト

お読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください