J-REIT

MCUBS MidCity投資法人(3227)

スポンサー・資産運用会社

スポンサー三菱商事
UBS
資産運用会社三菱商事・ユービーエス・リアルティ
格付AA- / 安定的(JCR)
A+ / 安定的(R&I)
資産運用会社の株主出資比率
三菱商事51%
ユービーエス・アセット・マネジメント・エイ・ジー49%

MCUBS MidCity投資法人の特徴

かつては大阪圏を重点投資エリアとしていたため、関西地方の物件を多く保有しています。

オフィスビルが主体のJ-REITで、資産運用会社が同じ日本リテールファンド投資法人(8953)、産業ファンド投資法人(3249)が投資対象とする用途以外の用途へも投資する方針です。

2019年11月には112億円でホテルを取得しました。

2021年3月1日、日本リテールファンド投資法人(8953)に吸収合併されて「日本都市ファンド投資法人」となる予定です。

「⽇本リテールファンド投資法⼈と MCUBS MidCity 投資法⼈の合併契約締結に関するお知らせ」|MCUSB MidCity投資法人HP

投資方針

用途

用途割合
オフィスビル70%以上
オフィスビル以外30%以下
オフィスビル以外…商業施設、産業用不動産、工場・研究開発施設、インフラ施設、データセンターを除く

投資エリア

投資エリア割合
三大都市圏70%以上
三大都市圏を除く政令指定都市
それに準ずる主要都市
海外
30%以下
三大都市圏…東京圏、大阪圏、名古屋圏

資産規模・1口当たりNAV推移

MCUBS MidCity投資法人(3227)資産規模、1株当たりNAV推移
2019年12月期
資産規模2,876億円
1口当たりNAV98,857円

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

MCUBS MidCity投資法人(3227)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2019年12月期
1口当たり分配金1,955円
1口当たりFFO2,569円

公募増資(PO)履歴

MCUBS MidCity投資法人(3227)公募増資履歴

メインスポンサーが三菱商事・UBSになるまで、公募増資はありませんでした。

沿革

2006年6月MIDリート投資法人設立
2006年8月東京証券取引所に上場
2009年12月スポンサーがエートス・キャピタルから関西電力に
2015年4月メインスポンサーが三菱商事・UBSに
2015年6月MCUBS MidCity投資法人に商号変更

上場時のスポンサーは、MID都市開発を通してアメリカの投資ファンド、エートス・キャピタルが務めていました。

MID都市開発は、経営破綻した松下興産という松下グループ(現 パナソニックグループ)のデベロッパーが前身の不動産会社で、アメリカの投資ファンド、エートス・キャピタルの下で再建しました。

スポンサーが関西電力に

2009年12月には、関西電力がエートス・キャピタルからMID都市開発の株式を取得して子会社化しています。

ですが、その後は資産規模の拡大はできず、分配金も下落傾向が続きました。

メインスポンサーが三菱商事・UBSに

2015年4月、外部成長の加速や規模の拡大を図るため、新しくメインスポンサーが三菱商事・UBSに変わりました。

それによって資産運用ガイドラインも変更され、大阪圏を重点投資エリアとする方針から三大都市圏を重点投資エリアとする方針になりました。

関西電力はその後もサブスポンサーを務めていましたが、2019年4月にスポンサーから撤退して、三菱商事・UBSが単独スポンサーとなっています。

J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサーごとにまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください