J-REIT

フロンティア不動産投資法人(8964)

スポンサー・資産運用会社・格付

スポンサー三井不動産
資産運用会社三井不動産フロンティアリートマネジメント
格付AA / 安定的(JCR)
AA- / 安定的(R&I)
資産運用会社の株主出資比率
三井不動産100%

フロンティア不動産投資法人の特徴

スポンサーが三井不動産(8801)という強みを活かして、ららぽーと、三井アウトレットパークといった大規模ショッピングセンターを中心に、中規模ショッピングセンター、都市化型商業施設を満遍なく保有しています。

物件タイプの分散に加えてエリア分散も効いていて、首都圏を中心に中部、関西、中国、九州・沖縄の各地方に分散投資しています。

投資方針

用途

用途割合
商業施設100%

投資エリア

数値目標は定めず、日本国内の各地に地域的分散投資をすることで、キャッシュ・フローの安定化を図っています。

資産規模・1口当たりNAV推移

フロンティア投資法人(8964)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年6月期
資産規模3,390億円
1口当たりNAV448,646円

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

フロンティア投資法人(8964)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年6月期
1口当たり分配金10,766円
1口当たりFFO14,695円

公募増資(PO)履歴

フロンティア不動産投資法人(8964)公募増資履歴

沿革

2004年5月フロンティア不動産投資法人設立
2004年8月東京証券取引所に上場
2008年3月スポンサーがJTから三井不動産に変更

設立当初は、JT(2914)が所有する工場跡地などの遊休地で、JTが賃貸用商業施設として開発したものを取得することが目的となっていました。

ですが、JTが所有する物件が残り少なくなったことに加えて、法改正によって大規模商業施設の開発規制が厳しくなったため、外部成長が見込める三井不動産にスポンサーが変わることとなりました。

J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサー一覧をまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください