J-REIT

J-REITの仕組み、メリット・デメリット、種類を解説!

J-REITは、投資家から集めた資金で不動産を運用して収益を分配する「不動産投資信託」という金融商品です。

不動産投資信託「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとって「REIT(リート)」、日本で上場しているものに日本「Japan」の頭文字をくっつけて「J-REIT(ジェイリート)」と呼んでいます。

今回はJ-REITの仕組み、現物不動産投資と比べたメリット・デメリット、種類について紹介します!

J-REITの仕組み

J-REITの仕組みを図にすると下記のようになります。

J-REITの仕組み

投資家は投資法人に投資して投資主となり、投資法人は不動産に投資します。

ここで登場する投資法人がJ-REITです。

不動産を運用することによって得られた資金をもとに、投資法人は投資主である投資家へ分配金を支払います。

不動産の運用ですが、投資法人は資産運用会社へ外部委託をする仕組みとなっています。

どの物件を買うか、またはどの物件を売るかなどの重要な業務を委託されています。

そして、この資産運用会社に出資して株主となっているのがスポンサーです。

スポンサーは大手不動産会社や総合商社、金融機関など様々ですが、J-REITにとって非常に重要な存在になります

今後成長できるのか、それとも堕ちていくのか、スポンサーの働き次第で決まると言っても過言ではありません。

J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサーごとにまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...

現物不動産投資と比較したメリット

少額投資が可能

現物不動産投資では、アパート1棟を買うには数千万円から数億円が必要になります。

それに対して、J-REITでは数万円から買える銘柄もあり、比較的少額から不動産への投資ができます。

手間がかからない

現物不動産投資では物件を購入して終わりではなく、大家として不動産の管理・運営をしていかなければなりません。

それに対して、J-REITでは買ったら後は保有するだけで、不動産の管理・運営はすべてお任せです。

流動性が高い

流動性が高いことがJ-REITの一番のメリットだと思います。

現物不動産は売りたいと思ったときにすぐに売ることができません。

それに対して、J-REITは上場していて証券を市場で売買するため、市場が開いているときはすぐに売ることができます。

売りが殺到したときにはストップ安となって売れない時もありますが、それでも現物不動産よりは早く売却することができます。

現物不動産投資と比較したデメリット

価格が日々変化する

これはメリットと表裏一体で、上場しているので「また今日も下がった…」などと価格が目に見えて変化します。

現物不動産も価格は変動しますが、常に値段がついているわけではないので、値動きに一喜一憂することがありません。

レバレッジが効かない

銀行などの金融機関から借入をして物件を購入できることが現物不動産投資の最大のメリットです。

数億円する物件でも全額を手持ち資金で賄う必要がないので、効率的な投資が可能です。

J-REITでも信用取引でレバレッジを効かせることもできますが約3倍までで、現物不動産投資に比べると効率は下がります。

不動産の用途

オフィス

J-REITのメインとなっている用途です。

好景気の時は需要が増えますが、不景気になると需要が減るといったように、景気の影響を受けやすいのが特徴です。

オフィス特化型・主体型J-REIT比較。オフィスはJ-REITの花形! オフィス特化型・主体型J-REITの紹介です。 オフィスはJ-REITのメインとなる投資先です。 特徴は、賃料が景気の変動...

住宅

マンションなどの賃貸住宅で、景気の影響を比較的受けにくく、J-REITの中では安定した用途になります。

住宅特化型・主体型J-REIT比較。主な用途の中では一番安定している! 住宅特化型・主体型J-REITの紹介です。 住宅の特徴は、賃料が景気変動に影響されにくく安定していることです。 景気が良い...

商業施設

都心の一等地にある商業ビルから郊外のショッピングモールまで、商業施設の中でもいくつか種類があります。

オフィスと同じく、景気の影響を受けやすい用途です。

商業施設特化型・主体型J-REIT比較。銘柄ごとに工夫している! 商業施設特化型・主体型J-REITの紹介です。 商業施設の特徴として、 都心部はテナント需要が多いけれども契約期間は短い場...

物流施設

ネット通販の拡大を受けて需要が高まっているのが物流施設です。

旺盛な需要から、比較的安定した用途とされています。

物流施設特化型・主体型J-REIT比較。日本企業よりも外資系が強い! 物流施設はオフィスや商業施設と比べて、賃料が景気の影響を受けにくいことが特徴とされています。 また、物流施設にはBTS(ビルド・...

ホテル

ホテルや旅館などの宿泊施設です。

ホテル特化型・主体型J-REIT比較。他のJ-REITとはちょっと違う! 宿泊施設を主な投資対象としたJ-REITについて、賃料形態の違いなどに注目して比較してみました! https://hardroc...

その他

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などのヘルスケア施設や、工場・研究開発施設など、上記以外にも多彩な用途があります。

J-REITの種類

特化型

1つの用途に限定して投資するJ-REITです。

例えば、日本ビルファンド投資法人(8951)はオフィスに特化、日本リテールファンド投資法人(8953)は商業施設に特化して投資しています。

1つの用途に特化しているので、良くも悪くも用途の特徴が顕著に表れるのがこの特化型になります。

主体型

1つだけではなく複数の用途に投資するけれども、1つの用途がポートフォリオの大部分を占めるJ-REITが主体型です。

例えば、ジャパンエクセレント投資法人(8987)のように、オフィスの投資比率を90%以上として、10%以下で他の用途にも投資するというものです。

1つの用途だけでなく複数の用途を組み合わせるので、特化型よりも分散投資が可能です。

分散投資とは言え、主体となる用途の影響を大きく受けます。

複合型

2種類の用途に大きな偏りなく投資するのが複合型です。

プレミア投資法人(8956)は、オフィスと住宅に投資する複合型のJ-REITです。

景気の影響を受けやすいオフィスと景気の影響を受けにくい住宅を組み合わせることで、ポートフォリオの安定を図っています。

総合型

3種類以上の用途に大きく偏ることなる投資しているのが総合型になります。

この総合型がJ-REITの中で一番多いです。

どの用途にどの程度を投資するのかは投資法人によって様々です。

投資法人の考えによって分散投資がされているので、総合型が一番リスクを分散された形態になります。

総合型・複合型J-REIT。各投資法人の考え方で分散投資がされている! 総合型・複合型J-REITの紹介です。 1つの銘柄に投資するだけで、用途を分散した投資ができることになります。 どの用途に...

お読みいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください