J-REIT

スターツプロシード投資法人(8979)

スポンサー・資産運用会社・格付

スポンサースターツコーポレーション
資産運用会社スターツアセットマネジメント
格付A- / 安定的(JCR)
資産運用会社の株主出資比率
スターツコーポレーション100%

スターツプロシード投資法人の特徴

スターツがスポンサーの住宅主体型J-REIT。

賃貸住宅では平均的な所得層向けの物件を投資対象としています。

ピタットハウスを全国展開するスターツグループなので、リーシング業務(賃貸仲介)はピタットハウスが行っています。

スターツプロシード投資法人は、1物件当たりの規模がJ-REITの中で最小クラスです。

今後はIPO時や初期PO時の小規模物件を中心に、首都圏物件との入替を推進していく方針です。

投資方針

用途

用途割合
賃貸住宅70%以上
マンスリーマンション
サービスアパートメント
ホテル
25%以内
高齢者向け施設10%以内
その他25%以内

住戸については、ポートフォリオにおけるタイプ別の面積割合も定めています。

住戸タイプ区分面積割合
シングル(1R、1K、1DK)20~50%
DINKS(1LDK、2DK)5~25%
ファミリー(2LDK、3DK、3LDK以上)30~60%

投資エリア

投資エリア割合
首都圏主要都市70%以上
政令指定都市20%以内
地方主要都市10%以内

資産規模・1口当たりNAV推移

スターツプロシード投資法人(8979)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年4月期
資産規模878億円
1口当たりNAV213,318円

他のJ-REITに比べて規模が劣っていることは当投資法人も認識していて、資産規模1,000億円台への早期到達を目指すとしています。

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

スターツプロシード投資法人(8979)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年4月期
1口当たり分配金5,059円
1口当たりFFO6,898円

公募増資(PO)履歴

スターツプロシード投資法人(8979)公募増資履歴

沿革

2005年5月スターツプロシード投資法人設立
2005年11月ジャスダック証券取引所に上場
2010年7月東京証券取引所に上場
2010年10月大阪証券取引所JASDAQ上場廃止
J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサー一覧をまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください