税金

エンジェル税制について個人投資家目線で解説

後ろ姿の天使

こんにちは、ハードロックマン@hardrockman_i)です。

普通の個人投資家でも、FUNDINNOやエメラダ・エクイティなどの株式投資型クラウドファンディングで未上場企業に投資することができるようになりました。


エメラダ・エクイティ

そこで今回は、株式投資型クラウドファンディングで投資した場合のエンジェル税制について、個人投資家目線で解説したいと思います。

エンジェル税制とは

エンジェル税制とは、一定の要件を満たす未上場のベンチャー企業に投資をしたら、投資時点と売却時点で税金を優遇して、ベンチャー企業への投資を促す制度です。

投資家からすると、ベンチャー企業に投資した上で節税ができるありがたい制度ですね。

投資時点の優遇措置

投資時点の優遇措置はAとBの2種類あり、投資先のベンチャー企業の状況によって受けられる優遇措置が異なります。

優遇措置ベンチャー企業
A設立3年未満
B設立10年未満

 ※他にも細かい要件があります。

優遇措置Aの要件を満たす場合は、投資家がAかBかを選択することができます。

この優遇措置を受けるには、投資した年の12月31日時点で株式を保有していることが必要な条件です。

また、この優遇措置は所得税のみ適用になります。

住民税は、投資時点の優遇措置は適用外です。

優遇措置A

優遇措置Aの内容は下記のとおりです。

  • 投資額-2,000円を投資した年の総所得金額から控除
  • 控除上限額は、総所得金額✕40%と1,000万円のどちらか低い方

総所得金額は、給与所得や事業所得、不動産所得などの総合課税となる所得のことです。

総合課税となる所得については、「所得の種類は10種類。課税方法の違いやマイナス時の損益通算についても解説!」もご覧ください。

所得の種類
所得の種類は10種類。課税方法の違いやマイナス時の損益通算についても解説!こんにちは、ハードロックマン(@hardrockman_i)です。 突然ですが所得は何種類でしょう? 答えはなんと10種類!...

優遇措置B

優遇措置Bの内容は下記のとおりです。

  • 投資額全額を投資した年の他の株式譲渡益から控除
  • 控除上限なし

株式の売買で利益が出ている場合は、投資額全額を差し引くことができます。

他の株式譲渡益がベンチャー企業への投資額よりも低いときは、他の株式譲渡益が控除額となります。

パソコンに映るチャート
株の譲渡所得や配当所得について解説こんにちは、ハードロックマン(@hardrockman_i)です。 今回は、株の譲渡所得や配当所得について解説したいと思います。 ...

売却時点の優遇措置

ベンチャー企業の株式を売却して損失が出た場合、売却した年の他の株式譲渡益と損益通算が可能です。

損益通算しきれなかった損失は、以後3年にわたって繰越が可能です。

これは通常の未上場株式への投資では認められていません。

残念ながら、投資したベンチャー企業が破産や解散をしたときも同様に、他の株式譲渡益と損益通算しきれなかった損失は、以後3年にわたって繰越が可能です。

また、この売却時の優遇措置は、住民税も対象です。

なお、ベンチャー企業へ投資した年に優遇措置AまたはBの適用を受けた場合は、その優遇措置で控除された金額を取得価格から差し引いて損失計算をします。

投資したときに優遇した分は、二重に優遇はしないよということですね。

住民税は投資した年に優遇措置はないため、差し引くのは所得税のみです。

投資家の要件

エンジェル税制は、ベンチャー企業の新規発行株式を金銭の払込により取得した個人が対象です。

発行済みの株式を金銭の払込により取得した場合は対象外です。

新規発行株式でも、金銭の払込によらない場合は対象外となります。

そして、新規発行株式を取得した場合が対象なので、新株予約権(ストックオプション)は取得時点では対象になりません。

権利を行使して、金銭を払い込んで株式を取得した年に対象になります。

エメラダ型新株予約権はエンジェル税制の対象か?

エメラダ・エクイティの場合、ベンチャー企業へ投資すると、株式ではなくエメラダ型新株予約権という新株予約権を取得します。

これはエンジェル税制の対象となるのでしょうか?

エメラダ・エクイティのHPに結論は書いてありますが、念のため中小企業庁と税務署に電話で確認してみました。

まず、投資時点についてです。

投資時点では、金銭の払込により新株予約権を取得します。

エンジェル税制の要件は、株式の取得のため、投資時点では対象外とのこと。

では、権利行使時点はどうでしょうか?

一般的な新株予約権の場合、権利行使時点には金銭の払込により株式を取得します。

エンジェル税制の要件を満たしますので、権利行使時点に対象となります。

これに対して、エメラダ型新株予約権の場合、権利行使時点で新株予約権1個当たり1円を支払って株式を取得します

この1円が、株式取得のための金銭の払込なのか、エメラダに対する手数料のようなものなのか、エメラダに問い合わせましたが、回答は得られませんでした。

これが手数料のようなものだった場合、エンジェル税制適用のためには、株式と金銭の交換が必要なため、権利行使時点も対象外となります。

これが株式取得のための金銭の払込だった場合、エンジェル税制の対象になりますが、新株予約権1個当たりたった1円です。

無に等しいです。

残念ですが、エメラダ・エクイティで投資した場合は、エンジェル税制の適用はできないようです。

適用ができないということは、総所得金額や他の株式譲渡益から投資額を差し引くことはできません。

さらに、新株予約権の権利を行使した後、未上場株として売却し損失が出た場合、他の上場株式等の利益と損益通算はできません。

他の一般株式等の利益と損益通算はできますが、損益通算しきれなかった損失は翌年度以降に繰越すことはできません。

そして、投資先のベンチャー企業が破産や解散となってしまった場合、税務上損失を計上することはできません。

楽しそうに話す天使と悪魔

エンジェル税制の確定申告の方法

ここからはエンジェル税制の確定申告の方法についてご紹介します。

確定申告書等作成コーナーで作成できるか?

エンジェル税制の確定申告は、一部の場合を除いて国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成可能です。

国税庁のHPによると、確定申告書等作成コーナーで作成できないのは、下記に該当する場合です。

下から2番目は、平成20年4月30日までに株式を取得した場合の規定なので、説明は省きます。

それぞれがどんな場合か見てみると、

  • ベンチャー企業の破産や解散により損失を計上する場合
  • ベンチャー企業が破産や解散をしたことや、株式を未上場株として売却したことによる損失を、上場株式等の譲渡所得等と損益通算する場合
  • 損益通算しきれなかった損失を翌年以降に繰り越す場合
  • 優遇措置Aの適用を受ける場合

優遇措置B以外全部です!!

ただ、優遇措置Aについては、寄付金控除として申告しますが、通常の寄付金控除と違って、控除上限1,000万円の適用があります。

その対応ができないため、確定申告書等作成コーナーでは作成不可とされているようです。

なので、控除上限1,000万円に引っかからない場合は、確定申告書等作成コーナーで作成が可能です。

ということで、確定申告書等作成コーナーでは、投資時点の優遇措置は作成可能、売却時点の優遇措置は作成不可能となります。

確定申告書等作成コーナーで作成可能なものは、e-Taxも可能です。

ただし、エンジェル税制の添付書類は、イメージデータでの提出は認められていません。

e-Taxで申告書を提出した場合は、添付書類は印刷した「申告書等送信票(兼送付書)」と共に、所轄の税務署に提出する必要があります。

確定申告書等作成コーナーの入力箇所

確定申告書等作成コーナーのキャプチャです。

優遇措置Aは、寄付金控除の欄から入力します。

住民税は投資時点の優遇措置は適用外のため、4番目のラジオボタンを選択します。

優遇措置Bは、「株式等の「取引明細」などの内容を入力する方」の「特定投資株式の取得に要した金額の控除の特例の適用がある。」を選択します。

ここでは、エンジェル税制の対象となる株式は「特定投資株式」と呼ばれています。

投資金額などを入力します。

必要な添付書類

エンジェル税制適用のための確定申告書に添付する書類は、優遇措置ごとに異なります。

必要な添付書類は表のとおりです。

必要書類投資時点売却時点破産や解散入手先
優遇措置A優遇措置B
都道府県の確認書ベンチャー企業
個人が一定の株主に該当しない旨の確認書ベンチャー企業
株式投資契約書の写しベンチャー企業
(証券会社)
株式異動状況明細書ベンチャー企業
証券会社から交付を受けた取引報告書又は発行会社から交付を受けた買付通知書×××証券会社又は
ベンチャー企業
清算結了の登記事項証明書、破産手続開始の決定の公告等×××
株式等に係る譲渡所得税等の金額計算明細書×××税務署
株式等に係る譲渡所得税等の金額計算明細書(特定権利行使株式及び特定投資株式分がある場合)××税務署
特定(新規)中小会社が発行した株式の取得に要した金額の控除の明細書××税務署
平成_年分の所得税の確定申告書付表(特定投資株式に係る譲渡損失の繰越控除用)××税務署
特定新規中小会社が発行した株式の取得に要した金額の寄附金控除額の計算明細書×××税務署

 東京都産業労働局HPを参考に作成

出てくる用語ですが、優遇措置Aの要件を満たすベンチャー企業を「特定新規中小会社」、その株式を「特定新規株式」、優遇措置Bの要件を満たすベンチャー企業を「特定中小会社」、その株式を「特定株式」と呼んでいます。

このように必要書類がたくさんあるので、漏れがないようにしっかり確認しましょう。

 

以上がエンジェル税制についての解説になります。

ハードロックマンの記事じゃわからないよって方は、中小企業庁のHPもご覧ください。

目指せエンジェル投資家!!

FUNDINNO

エメラダ・エクイティ

お読みいただき、ありがとうございました!

※税金についての詳しい内容は、市区町村や税務署、税理士にお聞きください。