ソーシャルレンディング

【2019年2月版】ソーシャルレンディング比較一覧表

スマートフォンを片手にメモをする人

こんにちは、ハードロックマンです。

各ソーシャルレンディングサービスの分配金は預託金口座(デポジット口座)に入るのか銀行口座に入るのか、出金手数料はかかるのかを一覧で見たい!」と思ったので作ってみました!(‘ω’)ノ

現在はソーシャルレンディングでの投資はおすすめしていませんが、ソーシャルレンディングで投資をしたいという人は参考にしてください。

ソーシャルレンディング比較一覧表

まずは一覧表です。

一覧表の後には各サービスの特徴などについて簡単に記載しています。

サービス名をクリックorタップすると、このページ内の記載箇所に飛びます。

利回り最低投資金額投資資金の入金分配金支払出金手数料
アップルバンク4.25~7.5%2万円申込前預託金口座最大756円
アメリカンファンディング8~10%2万円申込前預託金口座最大756円
SBIソーシャルレンディング3.2~10%1万円申込後銀行口座無料
LCレンディング5~8%2万円申込前預託金口座最大756円
OwnersBook(貸付型) 4~5%1万円申込前預託金口座324円
OwnersBook(エクイティ型)7%50万円申込後銀行口座投資家負担
ガイアファンディングサービス終了へ
キャッシュフローファイナンス7%2万円申込前預託金口座最大756円
クラウドクレジット 2.5~13.5%1万円申込前預託金口座月1回無料
クラウドバンク 6.5~7.4%1万円申込前預託金口座無料
Crowd Realty5~6%5万円申込後銀行口座無料
クラウドリース10~12%2万円申込前預託金口座最大756円
CREAL4.1~4.4%1万円申込前預託金口座最大258円
さくらソーシャルレンディング6.5~7.5%2万円申込前預託金口座最大756円
SAMURAI6~10%1万円申込後銀行口座無料
J.LENDING4%50万円申込前預託金口座最大756円
スマートレンド6~7.5%2万円申込前預託金口座最大756円
TATERU Funding4.5~4.9%1万円申込後銀行口座無料
Trust Lending8~12%10万円申込後銀行口座無料
Nextshift Fund4.5~7.2%2万円申込後銀行口座無料
ハロー! RENOVATION(投資型)3~8%5万円申込後銀行口座投資家負担
bitREALTY2.3%100万円申込前信託口座投資家負担
Funds1.8~6%1円自由預託金口座無料
FANTAS funding8~10%1万円申込後銀行口座無料
プレリートファンド4.5~8%2万円申込前預託金口座最大756円
Pocket Funding2~7.5%1万円申込前預託金口座最大756円
maneo4.3~9.2%2万円申込前預託金口座最大432円
Renosyクラウドファンディング 8%1万円申込後銀行口座無料
LENDEX7~9%2万円申込前預託金口座無料

入金時の振込手数料は、どのサービスも投資家負担です。

事業者リスクから見たおすすめ事業者は「【事業者リスクで選ぶ】おすすめソーシャルレンディング。始めるならココ!」で紹介していますので、よろしければご覧ください。

投資をして貯めて利益を出すことについて話し合う様子
【事業者リスクで選ぶ】おすすめソーシャルレンディング。始めるならココ!こんにちは、ハードロックマンです。 みんなのクレジット、ラッキーバンク、グリーンインフラレンディングと、ソーシャルレンディングにお...

利回り

利回りは直近3ヶ月くらいに募集されたファンドを参考にしました。

10%を超える高利回りのところもありますが、ハイリターンなものはハイリスクということをお忘れなく。

最低投資金額

最低投資金額は一番低いところで1万円から投資可能です。

ただ、これはファンドによって異なる場合もあります。

特にmaneoやmaneoファミリーはファンドによってまちまちです。

投資資金の入金

投資資金を入金するタイミングは、申込後の方が「入金しても投資できなかった」ってことがなくなるので効率的かなと思います。

分配金支払

僕は、分配金は銀行口座へ直接振り込まれる方が好みです。

一つの事業者で数百万円規模の投資はできないので、分配金は数百円~数千円程度です。

それを出金して再投資するより、銀行口座に振り込まれたものをまとめて再投資したいです。

とは言ったものの、預託金口座に入金されても、出金手数料がかからなければ大きな問題ではないと考えています。

出金手数料

これは絶対かからない方が良いですよね。

リスクを取って数百円~数千円の利益が得られたのに、そこから数百円引かれるなんてもったいなさすぎます

maneoやmaneoファミリーをはじめ、出金手数料がかかるところが多いです。

僕は出金手数料がかかるところはできるだけ使わないようにしています。

アップルバンク

maneoファミリー。

同じmaneoファミリーのプレリートファンドと業務提携をしていて、「プレリートファンドセレクト」というファンドが募集されています。

アップルバンクの特徴は「給料前払いシステム事業支援ローンファンド」です。

給料前払いシステムとは、「従業員が多数いる企業に導入し、その従業員が働いた分の給料を前払いで受け取ることができるサービス」とのこと。

募集効率の向上、コスト削減が期待でき、多重債務者の抑制にも繋がり社会貢献事業の側面もあるとのこと。

ふーん(・ω・)

また、アップルバンクについてはSALLOWさんのブログにあるように、母体は株式会社翔栄とのことです。

アップルバンクは決算書を公開していません。

↑一覧表へ戻る

アメリカンファンディング

maneoファミリー。

アメリカンファンディングの投資対象は、その名のとおりアメリカの不動産を対象としたファンドです。

アメリカの不動産に投資しますが、ほとんどのファンドで為替ヘッジを行っているため、投資家は為替リスクを負うことなく投資できる点がメリットです。

アメリカンファンディングは決算書を公開していません。

↑一覧表へ戻る

SBIソーシャルレンディング

あのSBIグループのSBIソーシャルレンディングです。

SBISLではファンドの種類によって利回りが大きく違います

比較的リスクが低い「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」は利回り3.2~4.7%と低めですが、リスクが高い「SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド」は利回り10%となっています。

ローリスクローリターンハイリスクハイリターンですね。

↑一覧表へ戻る

LCレンディング

maneoファミリー。

LCレンディングでは、多くのファンドで親会社である上場企業のLCホールディングス(8938)の保証がついていることが特徴です。

貸付先の会社は、不動産の管理・運用を行うLCホールディングスの関係会社です。

LCホールディングスの完全子会社が行う医療関連事業支援ローンもあります。

↑一覧表へ戻る

OwnersBook(オーナーズブック)(貸付型)

OwnersBookは上場企業ロードスターキャピタル(3482)が運営しています。

貸付先は不動産会社です。

利回りは4~5%とソーシャルレンディングの中では低めですが、上場企業が運営していること、不動産担保が付いていることからかなりの人気です。

ファンドの募集開始時間にはパソコンの前で待ち構えていて、クリック合戦に勝たないと投資できないことも少なくありません。

↑一覧表へ戻る

OwnersBook(オーナーズブック)(エクイティ型)

こちらはソーシャルレンディングではないのですが、OwnersBookが運営しているのと、多くのソーシャルレンディング投資家さんが投資しているので載せてみました。

エクイティ型のスキームは、GK-TKスキームを二層化した仕組みです。

ソーシャルレンディングとは違って貸金業法の適用を受けない不動産クラウドファンディングです。

そのため投資対象の不動産が明示されており、透明性の高い仕組みとなっています。

貸付型と違って、分配は年1回です。

↑一覧表へ戻る

ガイアファンディング

maneoファミリー。

ガイアファンディングはアメリカンファンディングと同じくアメリカの不動産を対象としたファンドが投資対象です。

2018年11月、すべてのファンドの遅延を発表

翌12月には、今後は新規募集も再募集も行わないと発表しました。

↑一覧表へ戻る

キャッシュフローファイナンス

maneoファミリー。

キャッシュフローファイナンス(CFF)の借り手は、CFFが45%、CFFの代表取締役の根本貴宏氏が55%を出資する子会社であることがほとんどです。

2018年9月から2019年1月にかけて、多くのファンドで遅延が発生しています。

それに伴い募集されるファンドも減って、2019年1月は0件でした。

↑一覧表へ戻る

クラウドクレジット

クラウドクレジットでは利回りの幅が広いです。

当然高利回りなファンドはリスクが高いです。

外貨建てファンドも多いので為替リスクもあります

実際にクラウドクレジットでは、多くのファンドで遅延や元本の毀損が発生しています。

僕が投資しているファンドも、返済期限を経過して1年以上経ちますが返済されていません

そしてこの社長のツイート…。

事業者リスクが顕在化しているソーシャルレンディング業界で、個人投資家に対してこんな対応をする社長の会社で投資をしたいとは思いません

↑一覧表へ戻る

クラウドバンク

クラウドバンクは日本クラウド証券という証券会社が運営しています。

ファンドはこれといった特徴はないのですが、安定して利回り6%台のものを提供してくれています。

また、最近では米ドル建てファンドを組成したり、円でアメリカの不動産を対象としたファンドに投資できたりとサービスを拡充しています

米ドル建てファンドは米ドルで運用し、円に替えるタイミングは投資家自身で判断することができます。

対して、円でアメリカの不動産を対象としたファンドに投資する場合、投資した円は米ドルに両替して運用され、ファンドの償還時には円になって返ったくるため、為替リスクは投資家が負うこととなります。

日本円の出金手数料無料はグッドです。

米ドルの出金手数料は結構な金額がかかりますのでご注意を。

↑一覧表へ戻る

Crowd Realty(クラウドリアルティ)

Crowd Realtyはソーシャルレンディングではなく、エクイティ型のサービスです。

そのため利回りは決まったものではなく、投資先の事業の結果により変わってきます

分配は毎月ではなく、年1回や償還時一括となっており効率は良くありません。

案件は、京町家を中心とした趣のある古民家再生が中心です。

エストニアの不動産事業を対象としたファンドもあります。

こちらはエクイティ型ではなく、ソーシャルレンディングに近い仕組みです。

このファンドの運用はユーロで行われるため、投資には為替リスクがあります

運営する株式会社クラウドリアルティは決算書を公開していません。

↑一覧表へ戻る

クラウドリース

maneoファミリー。

クラウドリースの案件は、利回り10~12%と高いです。

「クラウドリース武谷社長に聞く 第1回」によると、クラウドリースの貸付先の多くは事業者M=クラウドキャピタル」と「事業者F=クラウドファンド」で、両社ともクラウドリースの完全子会社です。

融資の場合はクラウドキャピタル、割賦販売の場合はクラウドファンドと使い分けているとのこと。

2019年1月、大量のファンドで遅延が発生しました。

↑一覧表へ戻る

CREAL(クリアル)

CREALブリッジ・シー・キャピタルという不動産アセットマネジメント会社が運営しています。

不動産投資における必要情報を明確(クリア)にした、本物(リアル)の不動産投資クラウドファンディングサイトということで、クリアルと命名したそうです。

ソーシャルレンディングではなく、不動産特定共同事業法に基づく不動産投資型クラウドファンディングの仕組みです。

分配金の利回りは確定したものではありませんが、CREALでは投資家は優先出資者となって優先的に分配される仕組みとなっています。

最低投資金額は1万円、分配金は原則毎月支払です。

↑一覧表へ戻る

さくらソーシャルレンディング

maneoファミリー。

さくらソーシャルレンディングでは「地方創生型ソーシャルレンディング」を謳っています。

代表の岩田直樹氏は、パチンコ店を経営するビープラスグループ株式会社の副社長を務めています。

ロドスタさんのブログによると、さくらソーシャルレンディングの親会社であり、借り手でもあるB社とN社のうち、B社はビー・アイ・ジーキャピタル株式会社とのこと。

さくらソーシャルレンディングのファンドの特徴は…特にありません。

さくらソーシャルレンディングは決算書を公開していません。

↑一覧表へ戻る

SAMURAI(サムライ)

SAMURAIは上場企業、SAMURAI&J PARTNERS(4764)の完全子会社SAMURAI証券が運営しています。

上場企業の完全子会社が運営していて、1万円から投資可能、入金は投資申込後、分配金は直接銀行口座へ振込、出金手数料無料で利回りも悪くない。

これは投資しない理由が見つかりません。

…と思ったんですが、よく見ると償還時一括分配のファンドがほとんどです。

毎月分配を好む僕にはこの点だけがネックです。

matsuさんのブログによると、「毎月分配型ファンドの組成も視野に入れている」とのことです。

今後が楽しみですね!

↑一覧表へ戻る

J.LENDING(ジェイレンディング)

J.LENDINGは、ジャスダックに上場しているJALCOホールディングス(6625)の完全子会社、ジャルコが運営しています。

J.LENDINGですが、募集は半年に1回程度で、あまりやる気が感じられません…。

利回りも高いわけではないですし、最低投資金額は50万円と低くはないので、無視しても良いかなと思います。

↑一覧表へ戻る

スマートレンド

maneoファミリー。

スマートレンドでは、香港の消費者金融会社向けローンのファンドが多数を占めています。

融資先の消費者金融では、約7,000件に債権が分散されていて安定しているとのこと。

円建て融資で為替コストは借り手負担なので、投資家は為替リスクを負いません

SALLOWさんのブログによると、スマートレンドの母体はオーシャンキャピタル株式会社という投資会社で、スマートレンドの貸付先はオーシャンキャピタルの投資先企業のようです。

↑一覧表へ戻る

TATERU Funding(タテルファンディング)

TATERU Fundingは、お騒がせな上場企業、TATERU(1435)の完全子会社が運営しています。

TATERU Fundingはソーシャルレンディングではなく、不動産特定共同事業法を活用した不動産投資型クラウドファンディングというものになります。

投資家から見ると、出資をして分配金を得るという点はソーシャルレンディングと同じです。

現在はTATERUの預金通帳改ざん事件により新規募集停止中です。

↑一覧表へ戻る

Trust Lending(トラストレンディング)

Trust Lendingエーアイトラスト株式会社という会社が運営しています。

エーアイトラストではTrust Lendingの運営だけでなく、様々な金融サービスを展開していて業歴は10年以上あります。

2018年12月、エーアイトラストは虚偽表示により行政処分を受けています。

↑一覧表へ戻る

Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)

Nextshift Fundは「社会的インパクト投資」と謳い、カンボジアやジョージアのマイクロファイナンスファンドを組成しています。

投資は円ですが、運用は米ドルのため為替リスクがあります

新興国への投資ですが、利回りは特に高いとは言えません

Nextshift Fundは「クラウドクレジットの劣化版」といった感じです。

分配金が6ヶ月ごとってところもちょっと…。

運営するネクストシフト株式会社は決算書を公開していません。

↑一覧表へ戻る

ハロー! RENOVATION(ハロー!リノベーション)(投資型)

ハロー! RENOVATIONには「寄付型」「購入型」「投資型」の3種類がありますが、ここでは投資型について触れたいと思います。

ハロー! RENOVATIONは、ソーシャルレンディングではなく、不動産特定共同事業法に基づく小規模不動産特定共同事業という仕組みを利用しています。

出資して分配金を得るという点はソーシャルレンディングと同じです。

ですが、分配金は事業の状況によって減額となる可能性があります。

また、分配金の支払は毎月ではなく年1回のようです。

そして、分配金は振込手数料を差し引いた金額が銀行口座へ振り込まれるようです。

これは痛い。

運営する株式会社エンジョイワークスは業歴が10年以上あり、不動産仲介を始め、不動産にかかわる様々な事業を展開しています。

決算書は公開していません。

↑一覧表へ戻る

bitREALTY(ビットリアルティ)

bitREALTYを運営するビットリアルティ株式会社は、ケネディクス(4321)と野村総合研究所(4307)によって設立されました。

bitREALTYはソーシャルレンディングではありません。

不動産クラウドファンディングで、GK-TKスキームを使って現物不動産を小口化したファンドへの投資です。

GK-TKスキームは不動産証券化の仕組みの一つです。

不動産を証券化することによって小口から投資することができるため、不動産の流動性を高めることができます。

事業者リスク、透明化されたスキームを考えると、現時点で一番おすすめできる事業者です。

ただ、残念なことに、最低投資金額は100万円です。

なかなか100万円をポンと出せる人は多くないのではないでしょうか。

また、投資対象の物件が高スペックのため、それに比例して利回りは低くなっています。

↑一覧表へ戻る

Funds(ファンズ)

Fundsは2019年1月に始まったサービスで、クラウドポートという会社が運営しています。

クラウドポートは国内最大級のソーシャルレンディング比較サイトのクラウドポートを運営していました。

Fundsのサービスを開始したことに伴って、中立的な立場での情報提供の継続を理由に、ZUUに対して比較サイトの事業を譲渡しています。

比較サイトクラウドポートはZUU fundingとなりました。

Fundsの特徴は、最低投資金額が1円からという点です。

タイプミスじゃないですよ。(笑)

正真正銘の最低投資金額1円です。

また、入金のタイミングも特徴的で、投資申込前にデポジット口座に入金しておくこともできますし、投資申込後に入金することも可能です。

そして、Funds最大の特徴は他のソーシャルレンディング事業者とは一味違ったそのスキームです。

Fundsでは上場企業の関連会社などが資金の借り手となり事業を行います。

事業の成否にかかわらず、上場企業の関連会社などが資金を返済することができれば投資家の元本は毀損しません

↑一覧表へ戻る

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

FANTAS fundingは2018年10月にサービスを開始しました。

FANTAS technologyという不動産会社が運営しています。

働く女性のための資産運用入門セミナー「マネカツ」を開催している会社です。

ソーシャルレンディングではなく、不動産特定共同事業法に基づく不動産投資型クラウドファンディングの仕組みです。

ファンドの運用状況によっては予定分配率に達しなかったり出資元本が毀損する可能性もあります。

1万円から投資可能、出資申込後の入金、分配金は銀行口座に振込で手数料無料という点は良いですね。

収益の分配はファンドの運用期間終了ごととのことで、各ファンドの運用が終わった後の1回のみのようです。

↑一覧表へ戻る

プレリートファンド

maneoファミリー。

プレリートファンドでは、「IRR(最大期待利回り)12%」などと高い利回りが目を引きます。

このIRR(最大期待利回り)とはプレリートファンドによると、「貸付に付随する融資手数料・違約金等の中から投資家に分配する金額を含めた最大の期待利回り」とのこと。

最大期待利回りが見込まれるのは、「期限内に対象不動産が売却されて、売却金額が売却ターゲットとしている金額を上回った場合」とのことです

そして、対象不動産の売却金額が一定額未満だった場合、元本棄損の可能性もあるとのこと。

このことから、ソーシャルレンディングというよりエクイティ型のファンドに近いような感じがします。

毎月の分配金はソーシャルレンディング元本の償還はエクイティ型といった感じでしょうか。

IRR(最大期待利回り)の記載がないファンドも募集されており、そのファンドはソーシャルレンディングの仕組みを使ったファンドです。

なお、プレリートファンドはアップルバンクと業務提携しています。

これによってアップルバンクでもプレリートファンドの商品の取り扱いがされています。

また、プレリートファンドはmaneoマーケットと資本業務提携で合意しています。

↑一覧表へ戻る

Pocket Funding(ポケットファンディング)

PocketFundingは沖縄発のサービスです。

沖縄発ということだけあって担保物件は沖縄県内の不動産が多く、中には軍用地が担保のファンドもあります。

あとはこれといった特徴はないのですが、営業者にグリーンインフラレンディング事件に関わっているエスクローファイナンスがいるのが気になるところです。

運営するソーシャルバンクZAIZEN株式会社は決算書を公開していません。

HPで案件化までのプロセス投資家アンケートへの回答maneoマーケットへの行政処分を受けての対応と、情報を積極的に発信しているのはとても好感できます。

↑一覧表へ戻る

maneo(マネオ)

ソーシャルレンディング業界古参のmaneoです。

かつては勢いがありましたが、現在は投資家の間でmaneo不信が広がっています。

maneo不信もそうですが、募集を行うmaneoマーケット不信でしょうか。

数々のずさんな対応が明るみに出ています。

↑一覧表へ戻る

Renosy(リノシー)クラウドファンディング

Renosyクラウドファンディングは、東証マザーズ上場のGA technologies(3491)が運営しています。

不動産特定共同事業法を活用した不動産投資型クラウドファンディングで、ソーシャルレンディングではありません

ハロー! RENOVATIONと同じく、小規模不動産特定共同事業という仕組みを利用しています。

出資して分配金を得る点はソーシャルレンディングと同じです。

Renosyクラウドファンディングの特徴は、ファンドの申込が抽選だということです。

↑一覧表へ戻る

LENDEX(レンデックス)

LENDEXの特徴は不動産担保があることです。

かつてはファンドの募集ページには「東急リバブルの調査報告書」が添えられ、その不動産価格には信頼性がありました。

しかし、2018年7月25日から募集された「不動産担保付きローンファンド25号」からは東急リバブルの調査報告書はなくなってしまいました

報告書の掲載がなくなった現在でも業務提携は続いているようです。

また、2018年9月3日募集開始の「不動産担保付きローンファンド26号」からは、同じ案件で「1号」と「2号」のそれぞれが募集されています。

片方は利回りが低いけれど抵当権第一順位のもの、もう片方は利回りが高いけれど抵当権第二順位のものです。

投資家の好みでローリスクローリターンかハイリスクハイリターンかを選べるのはおもしろい取り組みですね。

なお、LENDEX代表の筧悦生氏ですが、自身が設立した清和監査法人が2014年に金融庁から行政処分を受けています。

「監査法人の処分について」平成26年7月8日 金融庁

これについては、SALLOWさんのブログロドスタさんのブログけにごろうさんのブログでも触れられています。

↑一覧表へ戻る

ソーシャルレンディング比較まとめ

ということで、各ソーシャルレンディングサービスを比較してみました。

ソーシャルレンディングでは、事業者リスクも考慮して投資することをおすすめします。

投資をして貯めて利益を出すことについて話し合う様子
【事業者リスクで選ぶ】おすすめソーシャルレンディング。始めるならココ!こんにちは、ハードロックマンです。 みんなのクレジット、ラッキーバンク、グリーンインフラレンディングと、ソーシャルレンディングにお...

この記事は3ヶ月ごとに最新版に更新していく予定です。

お読みいただき、ありがとうございました!