J-REIT

トーセイ・リート投資法人(3451)

スポンサー・資産運用会社

スポンサートーセイ
資産運用会社トーセイ・アセット・アドバイザーズ
資産運用会社の株主出資比率
トーセイ100%

トーセイ・リート投資法人の特徴

トーセイ・リート投資法人の特徴は「東京経済圏」、「築古」、「中小規模」の3つです。

スポンサーのトーセイ(8923)が主戦場とする東京経済圏の中で、取得競争が激しい都心を避けて高利回りが期待できるエリアをターゲットとしています。

築年数のみにとらわれない投資方針で、築30年以上の築古物件もポートフォリオに多く組入れられています。

トーセイ・リート投資法人では、1物件当たりの投資金額を50億円以下としていて、中小規模の物件がターゲットとなります。

数多くの物件に投資することで、稼働率の急激な低下などのリスク分散ができ、ポートフォリオの安定を図っています。

また、スポンサーのトーセイは20億円未満の物件への投資が大半を占めていて、中小規模の物件はスポンサーの強みを活かせる物件です。

投資方針

用途

用途割合
オフィス70%以下
住宅70%以下
商業施設20%以下
物流施設10%以下

COVID-19の影響を踏まえて、従来投資対象としていたホテルを除外し、住宅の投資上限比率を50%から70%に変更、商業施設の投資上限比率を新設しました。

投資エリア

投資エリア
東京都の都市部を含む東京経済圏
東京経済圏…東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

資産規模・1口当たりNAV推移

トーセイ・リート投資法人(3451)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年4月期
資産規模687億円
1口当たりNAV136,345円

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

トーセイ・リート投資法人(3451)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年4月期
1口当たり分配金3,696円
1口当たりFFO-円

公募増資(PO)履歴

トーセイ・リート投資法人(3451)公募増資履歴

2014年11月の上場後は毎年11月に公募増資を行っています。

沿革

2014年9月トーセイ・リート投資法人設立
2014年11月東京証券取引所に上場
J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサーごとにまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください