J-REIT

エスコンジャパンリート投資法人(2971)

スポンサー・資産運用会社

スポンサー日本エスコン
資産運用会社エスコンアセットマネジメント
格付A- / 安定的(R&I)
資産運用会社の株主出資比率
日本エスコン100%

エスコンジャパンリート投資法人の特徴

デベロッパーの日本エスコン(8892)がスポンサーの商業施設主体型J-REIT。

日本エスコンは中部電力(9502)の持分法適用会社で、中部電力と中電不動産がエスコンジャパンリート投資法人のサポート会社となっています。

食品、医薬品、携帯電話、大型家電、大型家具など、インターネットよりも実店舗での購入割合が高い生活必需品を扱う商業施設を「暮らし密着型商業施設」として重点投資する方針です。

また、底地への投資比率を50%程度としている点が最大の特徴です。

他のJ-REITでも底地へ投資している銘柄もありますが、50%という高い比率はエスコンジャパンリート投資法人だけです。

底地は減価償却費や修繕費などの経費がかからない点、災害によるリスクが低い点などがメリットとして挙げられます。

投資する商業施設についてはタイプによって分けられていて、SS(スペシャリティストア)については主に底地へ、NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)、SM(スーパーマーケット)については底地と土地建物の双方へ、GMS(ゼネラルマーチャンダイズストア)市街地型、駅近型については主に土地建物へ投資する方針です。

投資方針

用途

用途割合
暮らし密着型商業施設(底地含む)80%以上
その他(底地含む)20%未満
物件タイプ割合
底地50%程度
土地建物50%程度

投資エリア

投資エリア割合
四大都市圏75%以上
その他25%未満
四大都市圏…首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)、近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県)、中京圏(愛知県、静岡県、三重県、岐阜県)、福岡圏(福岡県)

資産規模・1口当たりNAV推移

エスコンジャパンリート投資法人(2971)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年7月期
資産規模519億円
1口当たりNAV117,327円

中期目標として資産規模1,000億円の達成を目指しています。

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

エスコンジャパンリート投資法人(2971)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年7月期
1口当たり分配金3,439円
1口当たりFFO-円

公募増資(PO)履歴

エスコンジャパンリート投資法人(2971)公募増資履歴

沿革

2016年8月エスコンジャパンリート投資法人設立
2019年2月東京証券取引所に上場
J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサーごとにまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください