J-REIT

日本リテールファンド投資法人(8953)

スポンサー・資産運用会社・格付

スポンサー三菱商事
UBS
資産運用会社三菱商事・ユービーエス・リアルティ
格付AA- / 安定的(R&I)

スポンサーのユービーエス・アセット・マネジメント・エイ・ジーは、世界最大級の金融グループの一つ、UBSグループ(UBS)の一員です。

資産運用会社の株主出資比率
三菱商事51%
ユービーエス・アセット・マネジメント・エイ・ジー49%

日本リテールファンド投資法人の特徴

国内最大級の商業施設特化型J-REIT。

「コア」、「準コア」、「サブ」の3つの投資ターゲットを設定している点が特徴です。

日本を代表する商業地、ターミナル駅前、住宅地駅前といった「人が集まる立地」にある都市型商業施設を「コア」と位置づけ、「サブ」と位置付けるGMS(総合スーパー)、ロードサイド型施設との入れ替えを通じて、都市型フォーカスを目指しています。

2021年3月1日にMCUSB MidCity投資法人(3227)を吸収合併し、商号を「日本都市ファンド投資法人」に変更する予定です。

「⽇本リテールファンド投資法⼈と MCUBS MidCity 投資法⼈の合併契約締結に関するお知らせ」|日本リテールファンド投資法人HP

投資方針

用途

用途割合
商業施設100%

投資エリア

投資エリア
原則として、三大都市圏及び政令指定都市を中心に、それ以外の地域においても投資する。
三大都市圏…東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、名古屋圏(愛知県)、大阪圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)

資産規模・1口当たりNAV推移

日本リテールファンド投資法人(8953)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年8月期
資産規模8,888億円
1口当たりNAV224,000円

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

日本リテールファンド投資法人(8953)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年8月期
1口当たり分配金4,500円
1口当たりFFO6,057円

上場3年以内に資産規模2,000億円、5年以内に4,000億円という目標を達成した現在は、ポートフォリオの「質」の追求を掲げています。

公募増資(PO)履歴

日本リテールファンド投資法人(8953)公募増資履歴

沿革

2001年9月日本リテールファンド投資法人設立
2002年3月東京証券取引所に上場
2010年3月ラサールジャパン投資法人を吸収合併

ラサールジャパン投資法人(8974)

元々はイーアセット投資法人として2005年に上場したJ-REITで、総合型ポートフォリオでした。

上場時のスポンサーはアセット・マネジャーズという会社で、現在のいちご(2337)です。

2007年11月、物件取得競争激化によって外部成長に課題があり、その状況を打開するためにスポンサーがラサールに、2008年1月に商号がラサールジャパン投資法人に変わっています。

現在ではラサールロジポート投資法人(3466)のスポンサーを務めるラサール不動産投資顧問(旧 ラサールインベストメントマネージメント)がスポンサーでした。

J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサー一覧をまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください