J-REIT

産業ファンド投資法人(3249)の特徴・投資方針・実績を紹介!

三菱商事(8058)とUBSがスポンサーのインダストリアル不動産・インフラ不動産特化型J-REITです。

そんな産業ファンド投資法人について紹介します!

J-REITの仕組み、メリット・デメリット、種類を解説! J-REITは、投資家から集めた資金で不動産を運用して収益を分配する「不動産投資信託」という金融商品です。 不動産投資信託「Re...

スポンサー・資産運用会社・格付

スポンサー三菱商事
UBS
資産運用会社三菱商事・ユービーエス・リアルティ
格付AA / 安定的(JCR)
資産運用会社の株主出資比率
三菱商事51%
ユービーエス・アセット・マネジメント・エイ・ジー49%

産業ファンド投資法人の特徴

産業ファンド投資法人は、三菱商事とUBSがスポンサーのJ-REIT。

「産業用不動産特化型REIT」と謳っていて、物流施設を始め、工場・研究開発施設等やインフラ施設を投資対象としています。

現在は物流施設が中心ですが、工場・研究開発施設等とインフラ施設の投資比率を増やしていく方針です。

また、企業が保有・賃貸借している不動産への「CRE提案」による物件取得に力を入れていて、CRE戦略に基づいて新規物件取得、増築や再開発も行っている点が特徴です。

投資方針(ポートフォリオ構築方針)

用途

用途割合
物流施設
工場・研究開発施設等
50~80%
インフラ不動産20~50%

物流施設、工場・研究開発施設等のインダストリアル不動産に50~80%、鉄道関連施設や空港・港湾関連施設などのインフラ不動産に20~50%の割合で投資する方針です。

2021年1月31日時点のポートフォリオは、物流施設が48.5%、工場・研究開発施設等が31.7%、インフラ不動産が19.8%となっています。

投資エリア

投資エリア割合
都市近郊型
工場集積地型
80%以上
独立立地型20%以下
都市近郊型…三大都市圏、政令指定都市、それに準ずる主要都市に立地する物件
工場集積地型…製造品出荷額が1兆円以上の工業地区に立地する物件

資産規模・1口当たりNAV推移

産業ファンド投資法人(3249)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年7月期
資産規模3,235億円
1口当たりNAV113,148円

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

産業ファンド投資法人(3249)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年7月期
1口当たり分配金2,832円
1口当たりFFO3,671円

公募増資(PO)履歴

産業ファンド投資法人(3249)公募増資履歴

沿革

2007年3月産業ファンド投資法人設立
2007年10月東京証券取引所に上場
J-REITのスポンサー一覧。スポンサーの力で運命が変わる! J-REITではスポンサーが非常に重要な役割を担っています。 収益の源泉となる物件を調達する力、そのために必要な資金調達力。 ...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください