J-REIT

イオンリート投資法人(3292)

スポンサー・資産運用会社・格付

スポンサーイオン
資産運用会社イオン・リートマネジメント
格付AA- / 安定的(JCR)
資産運用会社の株主出資比率
イオン100%

イオンリート投資法人の特徴

小売り大手のイオンがスポンサーを務めるJ-REIT。

「地域社会の生活インフラ資産」への投資を謳っていて、SRSC(スーパーリージョナル型ショッピングセンター)、RSC(リージョナル型ショッピングセンター)、CSC(コミュニティ型ショッピングセンター)といったイオングループの大規模商業施設を中心に投資しています。

また、日本国内だけでなくマレーシアの物件にも投資していて、イオンリート投資法人は初めて海外不動産へ投資したJ-REITです。

グループの強みを活かし、イオンモールなどのグループ各社とマスターリース契約を結んでいる点が特徴です。

固定賃料を基本に国内は20年、海外は10年の長期賃貸借契約となっており、収益の安定性につながっています。

投資方針

用途

用途割合
大規模商業施設80%以上
その他の商業施設20%以下
物流施設10%以下
大規模商業施設…SRSC、RSC、CSC
その他の商業施設…NSC(ネイバーフッド型ショッピングセンター)、SM(スーパーマーケット)

投資エリア

投資エリア割合
国内不動産85%以上
海外不動産15%以下

国内不動産は日本全国を投資対象エリアとして、地理的に分散されたポートフォリオを目指しています。

海外不動産はアセアン地域など、中長期的に経済発展が見込める国・地域を投資対象エリアとしています。 

資産規模・1口当たりNAV推移

イオンリート投資法人(3292)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年7月期
資産規模3,901億円
1口当たりNAV142,360円

今後の成長目標として、資産規模5,000億円への拡大を目指しています。

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

イオンリート投資法人(3292)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年7月期
1口当たり分配金3,178円
1口当たりFFO5,652円

2016年7月期は熊本地震の影響で一時的に修繕費が嵩みましたが、その後は安定して推移しています。

巡航分配金3,300円を中期目標としています。

公募増資(PO)履歴

イオンリート投資法人(3292)公募増資履歴

沿革

2012年11月イオンリート投資法人設立
2013年11月東京証券取引所に上場
J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサー一覧をまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください