J-REIT

ケネディクス商業リート投資法人(3453)

スポンサー・資産運用会社

スポンサーケネディクス
資産運用会社ケネディクス不動産投資顧問
格付A+ / 安定的(JCR)
資産運用会社の株主出資比率
ケネディクス100%

ケネディクス商業リート投資法人の特徴

ケネディクス(4321)がスポンサーの商業施設主体型J-REIT。

「生活密着型商業施設への重点投資」を掲げています。

他の商業J-REITは、都市型商業施設やRSC(リージョナルショッピングセンター)、GMS(総合スーパー)などの郊外型大規模商業施設が主な投資対象となっています。

それに対してケネディクス商業リート投資法人は、商圏が小さく来店頻度が高い、日常生活に必要な商品・サービスを提供し、住宅地又はロードサイド等、日常生活圏に立地する商業施設を主な投資対象としています。

具体的には、NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)、SM(スーパーマーケット)、CSC(コミュニティショッピングセンター)、都市駅前型、SS(スペシャリティストア)が該当します。

また、商業施設に加えて、物流施設も投資対象としています。

投資方針

用途

用途割合
生活密着型商業施設80%以上
その他商業施設
物流施設
20%以下

投資エリア

投資エリアの数値目標は定めておらず、首都圏、大阪圏、名古屋圏、福岡圏の四大都市圏を中心に投資する方針です。

資産規模・1口当たりNAV推移

ケネディクス商業リート投資法人(3453)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年3月期
資産規模2,258億円
1口当たりNAV261,151円

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

ケネディクス商業リート投資法人(3453)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年3月期
1口当たり分配金6,535円
1口当たりFFO8,389円

公募増資(PO)履歴

ケネディクス商業リート投資法人(3453)公募増資履歴

沿革

2014年10月ケネディクス商業リート投資法人設立
2015年2月東京証券取引所に上場
J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサーごとにまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください