J-REIT

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)

スポンサー・資産運用会社

スポンサー三井不動産
資産運用会社三井不動産ロジスティクスリートマネジメント
格付AA- / 安定的(JCR)
資産運用会社の株主出資比率
三井不動産100%

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人の特徴

三井不動産がスポンサーの物流施設主体型J-REIT。

総合デベロッパーの三井不動産が開発した物流施設を中心に、ロケーションを厳選して三井不動産クオリティを備えた先進的物流施設「MFLP(三井不動産ロジスティクスパーク)」への重点投資を掲げています。

物件タイプは大規模なランプウェイ型だけでなく、中規模のスロープ型や小規模のボックス型へもバランス良く投資する方針をとっています。

また、物流不動産だけでなくインダストリアル不動産へも投資する方針で、「MFIP(三井不動産インダストリアルパーク)」へも投資しています。

現在の資産規模は、物流施設へ投資するスタートが遅かったことから日本プロロジスリート投資法人(3283)GLP投資法人(3281)などに負けていますが、総合デベロッパーの三井不動産なのでこれからの成長が楽しみな銘柄です。

投資方針

用途

用途割合
物流不動産80%以上
インダストリアル不動産20%以下

投資エリア

投資エリア割合
首都エリア
関西エリア
70%以上
その他エリア30%以下

資産規模・1口当たりNAV推移

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)資産規模、1株当たりNAV推移
2020年7月期
資産規模2,050億円
1口当たりNAV352,401円

2020年度までに資産規模2,000億円の達成を目指していましたが、2020年にしっかり目標を達成。

中期資産規模目標として、3,000億円を目指しています。

資産規模・1口当たり分配金・1口当たりFFO推移

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)資産規模、1株当たり配当金、1株当たりFFO推移
2020年7月期
1口当たり分配金6,977円
1口当たりFFO-円

FFOの70%を目処に利益超過分配を行う方針です。

公募増資(PO)履歴

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)公募増資履歴

2018年以降は毎年2月に公募増資を行い、物件を取得しています。

沿革

2016年3月三井不動産ロジスティクスパーク投資法人設立
2016年8月東京証券取引所に上場
J-REITのスポンサーを見てみよう!スポンサーごとにまとめてみた。 J-REITではスポンサーが重要な役割を担っています。 J-REITのスポンサーはどのような会社が務めているのか。 スポン...
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
↑クリックすると僕のやる気が1つ上がります!(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください